重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】
相談受付
専用ダイヤル

愛知総合法律事務所名にて受け付けますので、
社労士宛の相談である旨をお申し付け下さい。

相談受付
専用ダイヤル

愛知総合法律事務所名にて受け付けますので、
社労士宛の相談である旨をお申し付け下さい。

相談受付
専用ダイヤル

愛知総合法律事務所名にて受け付けますので、
社労士宛の相談である旨をお申し付け下さい。

労使トラブルの相談・予防(会社側)

概要

 会社の成長にとって欠かせない「人材」を有効に活用するためには、適切な労務管理が必要です。就業規則の不備、法令違反等労働条件をめぐる労使間のトラブルは、会社の利益にもならないし、生産性の効率化や従業員のモチベーションにも影響します。適切な労務管理の上に企業の発展はあるものものと思いますが、それでも労使間のトラブルは起こる可能性があります。就業規則等で社内のルールを明確にし、会社と従業員との労働条件をめぐるトラブルへのリスクを回避、軽減を図りながら、会社を発展させるお手伝いを労務管理という立場でお手伝いをさせていただきます。

内容

  • 労使トラブルの解決に向けての相談・対応
  • 雇用に関する契約書の作成
  • 就業規則の改訂
  • 労働審判・労働裁判への対応
    (※訴訟等の場合、弁護士法人愛知総合法律事務所所属の弁護士とともに対応を検討することができます。)

社労士からのアドバイス

アドバイス

 社労士の立場からは、労使トラブル等なく会社が成長できる環境作りをいかにして作るかのコンサルティングを致します。労使トラブルの多くは、残業代の未払いや不当解雇、パワハラの問題、休職をめぐる問題等で、労務管理を適切にすることでトラブル発生のリスクは軽減できるはずです。また、作成した就業規則は、法令通りに労働者に周知させることで、会社と従業員との間で労働条件に関する共通理解を深めていくことも大切です。労務管理等で不安がある企業の皆様、一度お話をお聞かせください。

顧問契約についてのご相談やお申込みはこちらのフォームからも受け付けております。

面談相談申し込みフォームへ